浮気を経験した男性は痛い目に合わないとまた繰り返す

一度の浮気くらいしょうがないと思われている方はご用心です。
浮気や不倫には日常の生活とは違うものがあります。

相手が違う事もありますが、スリリングでリスキーなものは気持ちを高揚させます。
家庭が平穏であればあるほどそういうものに傾き、いずれは抜け出せなくなり繰り返すようになります。

極端に言うと相手は誰でもよく、そういうシチュエーションを求めているだけなのです。
それが一番厄介で、好きな人としか恋をしないというなら相手があってのことなので良いのですが、不倫は身近にいて気持ちさえ合ったらよいという関係から始まってしまうのです。
これは防ぎようはありません。

男性側に理性があればよいですが、もともと一度浮気をした人に理性を求められるわけがないのです。
したがって、そういう機会があればまた浮気を繰り返すようになってしまうのです。

ではどうやったら防げるか、実際痛い目に合わないと治ることはありません。
浮気を発見した時は、相手に慰謝料の請求や誓約書の作成など相手に実際害のおよぶような事をしなければいけません。

最悪、離婚などに発展するかもしれないリスクもありますが、それくらいの事をしなければ浮気という病気は治らないのです。
浮気をした男性は、浮気という病気を絶えず抱えています。

この先また浮気という病気が再発して繰り返すことで悩むならば、少しばかり痛い目にあわせることをお薦めします。